健康管理には無添加のキャットフードを与えよう

愛猫には無添加のキャットフード

家族の一員である愛猫は、いつまでも長生きしてほしいですよね。長生きには健康を考えた食事がとても大事になります。そこで多くの人が支持しているのが、無添加のキャットフードになります。無添加のキャットフードとは、添加物が全く入っていないものをいいます。安く売られているキャットフードは長期保存ができるように科学薬品を入れていることがほとんどです。保存料には発がん性があることがわかり、害のある添加物と言われていますので、愛猫には絶対に食べさせるのを避けましょう。
猫が好んで食べるように香りをつけた添加物が入っている事があり、この香りづけは喘息や突然の異変の症状を起こしたりします。見栄えをよく見せるために着色料を使っていて、見栄えがとてもよいキャットフードはほとんどが害のあるものといえます。この着色料は、赤色2号や赤色40号、青色1号と、色や番号などで書いてあり、石油を使った原料になります。
これもまた、アレルギーや発がん性のものが多く含まれています。何年か前から、ペットフード安全法が施工されて、パッケージに内容量、目的、賞味期限、成分表示、原材料、原産国、製造者名、住所などが記載されていますので、自分の愛猫のためにしっかり成分を確かめて選ぶようにしてください。

ニャンコの健康を守るキャットフードとは?

気まぐれで愛嬌のあるニャンコには癒されますね。ニャンコの食事にキャットフードを与えている方は多いのではないでしょうか。実はこのキャットフード、注意しなければニャンコの健康を損なう添加物が大量に含まれている可能性があるのです。キャットフードは脂質多く含まれるものが多いため、保存状態によってはすぐに酸化してしまいます。このため脂質の酸化を防ぐ為に酸化防止剤が使用されることが多いのですが、この保存料に発がん性物質が使われている可能性が高いのです。
保存料の中でも天然由来のビタミンEを使用しているものは問題ないのですが、人工的に精製されたものは避けるべきでしょう。エトシキキンやBHT、BHAなどの劇薬は言うまでもなく、硝酸カリウムや亜硝酸ナトリウム、ソルビン酸カリウムなどが添加されたものは今すぐにでも与えるのをやめましょう。
甘味料のグリシリジンや着色料の赤色2号、3号40号、104号、青色1号、2号、3号、黄色4号、5号を使用したものも発がん性、染色体異常、アレルギーを引き起こす可能性が疑われていますので避けるべきでしょう。大切な家族の一員であるニャンコの健康管理は、人間が行わなければならないのです。無添加のキャットフードの人気が高まっていることからも、健康管理への意識の高さが伺えます。キャットフードも無添加が一番ですよ!

お知らせ

無添加のキャットフードを少しずつ猫に食べさせる

無添加のキャットフードの大きなメリットを知ろう 近年、雑誌やメディアでも紹介されている、化学物質の使用され…

もっと読む

口コミを見て無添加のキャットフードを購入する

無添加のキャットフードで健康維持 大切な家族の一員であるネコちゃんには、いつも元気で、またいつまでも健康で…

もっと読む

健康管理には無添加のキャットフードを与えよう

愛猫には無添加のキャットフード 家族の一員である愛猫は、いつまでも長生きしてほしいですよね。長生きには健康…

もっと読む

アレルギー猫でも安心出来る無添加のキャットフード

猫さんの健康のためにキャットフードを変えてみた オーガニックの食品や化粧品のお店に行くのが好きで、近くにそ…

もっと読む